株式会社MEDIROM MOTHER Labs

第4期対応のICT型。手厚い支援で満足の高改善率

食事・運動・睡眠をベースに、対象者様毎にパーソナルにカスタマイズした支援を行えるアプリ“Lav”のチャットで2cm・2kg減を達成できるようサポートします。
チャットはAIではなく“人”である専属コーチが状況に合わせた適切なアドバイスを行い、対象者様の2cm・2kg減まで二人三脚で伴走します。

  1. 対象者が選べる専属管理栄養士。一気通貫の完全伴走
    *管理栄養士を自ら選べ、最初~最後まで変わらず支援。完走率98.2%。
  2. 業界最多レベルの手厚い支援
    *アプリDL後、食事内容を写真に記録頂くだけのお手軽運用。初回面談~継続支援もスマホ1台で全て完結。
  3. 充実の研修を合格したコーチのみ。目に見える成果
    *食事/運動/睡眠、多面的に支援が可能。平均「-2㎏・-2.3cm」の納得の改善実績。

健保様の課題に併せて豊富なコースのご用意有。気兼ねなくご相談ください。

特定保健指導 / 株式会社MEDIROM MOTHER Labs

ホームページはこちら⇒

「自分で選べる」専属管理栄養士が、あなたの健康をサポート!

 ご自身で選べる「パーソナルな管理栄養士」が、最初~最後まで、しっかりあなたに伴走させて頂きます。他プログラムと違い担当変更がありませんので、「一緒に頑張る/質問しやすい/自分のことをわかってくれる」にご満足のお声を頂いております。
 さらに、必要な物は「スマホ」のみ。いつでも、どこでもお手軽に。
だけど、必要なサポートはしっかりと、を実現します。
 より健康になるための第一歩に、ぜひ伴走させて下さい。

アプリイメージ

実施日及び実施時間

祝日
午前10:00-12:0010:00-12:0010:00-12:0010:00-12:0010:00-12:0010:00-12:0010:00-12:0010:00-12:00
午後12:00-20:3012:00-20:3012:00-20:3012:00-20:3012:00-20:3012:00-20:3012:00-20:3012:00-20:30

具体的な支援事例

項目内容
対象者の状態体重:75.9kg / 腹囲:96.1cm / 血圧・空腹時血糖値・HbA1cが該当 / 非喫煙

<現状>
  • 現状仕事も忙しく、仕事と育児ストレスで食べてしまう。
  • 炭水化物中心のお食事が多い。
  • 水分は甘いコーヒーや牛乳を入れたコーヒーがメイン。
  • 現在仕事は出勤とリモートで行っている。
  • 現在運動習慣がなく、運動時間の確保が難しい。
  • 夜甘いお酒を350ml程+スナック菓子。ストレスから食べてしまう。
  • 睡眠は23時〜6時の7時間。ストレスにより、夜間中途覚醒あり。
設定した行動目標体重:75.9→70.1(-5.8kg)
腹囲:96.1→91.1(-5cm)
設定した行動計画【食事】
①夜の炭水化物を控える
②水やノンカフェインのお茶、無糖の炭酸水などで水分を1日1.5L摂る
③おつまみの内容を大豆製品やナッツ類に変更する
【運動】
①週に1回、1駅分歩く
その計画を設定した理由
◆食習慣
血糖値の数値が該当していたこと、ご本人も糖質過多である自覚があり「関心期」に該当したため、まずは糖質摂取量の見直しから実践することにした。
またおつまみを大豆製品、ナッツ類にすること、水分量を増やすことによって、血圧を下げる取り組みを実践してもらうことにした。
成功体験を積んだところで、徐々にその他のお食事内容(野菜摂取・脂質量)を見直していただくよう支援する。

◆運動
現状運動習慣がなかったが、負担にならない程度で運動量を増やしたい希望があったため、まずは歩く量を増やすこととした。
継続状況◆1ヶ月目
  • まずは夕食で糖質摂取量の見直しを実践できた
  • 水分補給の習慣がついた
  • 歩く時間が確保できないようだったため、歩く→ストレッチに計画変更。まずは体を動かす習慣づくり・成功体験づくりを図る。
◆2ヶ月目
  • 糖質のコントロールに慣れてきたため、次に脂質の見直しに目を向けられるようになる。
  • カリウムを摂取できるお食事内容に変更し、浮腫の感覚が軽減。
  • 運動は仕事の繁忙で相変わらず歩く時間が取れないため、引き続きストレッチとスクワットを継続。
◆3ヶ月目
  • 糖質のコントロールが継続
  • 夕食が遅くなる日が見られるため、補食を取る方法を実践
実施結果体重:72.1kg(-3kg) / 腹囲:92.4cm(-3.7cm)

食習慣の改善:改善
運動習慣の改善:改善

◆食事
交代勤務で夜勤もある中、自宅での食事は野菜たっぷり、ベジファーストを意識していた。飲酒量も期間途中からビール一本を意識するようになった。称賛と継続を促した。今後、加糖飲料、ジュース、スポーツ飲料を控えるよう提案した。
◆運動
まとまった運動時間が取れないものの、スクワットや寝る前のストレッチを習慣づけられるようになった。

スタッフ情報

スタッフ情報自機関内協力業者
常勤非常勤常勤非常勤
医師
(上記のうち、日本医師会認定健康スポーツ医)
保健師1
管理栄養士438
看護師(一定の保健指導の実務経験のある者)
専門的知識及び技術を有する者
THP 取得者
健康運動指導士
事務職員2

料金サンプル

【積極的支援】

支援区分支援内容回数計(税込)
初回支援アプリ面談136,300
継続支援メール支援(チャット)24
評価メール支援(チャット)1
住所東京都港区台場2-3-1 トレードピアお台場
電話番号03-6721-6534
FAX 番号03-6721-7365
保健指導機関番号1321800177
窓口となるメールアドレスhealth.support@medirom.co.jp
ホームページhttps://medirom.co.jp/
経営主体株式会社株式会社メディロム
開設者名江口康二
管理者名伊藤優未
保健指導業務の統括者名久保七海
項目内容
協力業者の有無
(再委託の有無)
全て自前で実施
保健指導実施者保健師
管理栄養士
利用者に対するプライバシーの保護Pマーク
個人情報保護に関する規程類あり
指導結果の保存や提出における
標準的な電子的様式の使用(XML対応)
あり
実施地域全国
実施サービス動機付け支援
積極的支援
実施形態非施設型
面談方法対面 / ICT
支援形態個別支援
グループ支援
支援方法電話支援
メール支援
チャット・WEB支援
標準介入期間(積極的支援)3ヵ月
課金体系従量制
標準的な従量単価動機付け支援 : 17,000円未満
積極的支援 : 33,000円未満
単価に含まれない追加サービス対象者個人へのご案内時の郵送費・参加勧奨
積極的支援の内容専用アプリ「Lav」を用いたチャット支援
苦情に対する対応体制の有無あり
保健指導の実施者への定期的な研修の有無あり
インターネットを用いた保健指導における
安全管理の仕組みや体制の有無
あり
提出時点の前年度の特定保健指導の実施件数動機付け支援 年間 : 800人 / 1日あたり : 2人
積極的支援 年間 : 800人 / 1日あたり : 2人
実施可能な年間の件数動機付け支援 : 50人以上 / 5,000人以下
積極的支援 : 50人以上 / 5,000人以下
提出時点の前年度の脱落率
(脱落者/参加者)
動機付け支援脱落率 : 1%以下
積極的支援脱落率 : 1%以下
リピーター対策複数プログラムの準備
WEB環境ZOOM / 専用アプリ「Lav」
オンライン指導の場合スマホ対応
タブレット等レンタルサービス有
アウトカム評価の導入運動 / 食事
2㎝、2㎏減を目指すプログラムLavアプリを用いたチャット支援
健診当日の初回面接
健診後1週間以内の初回面接
脱落防止対策チャット送信後の対象者への架電や、健保/事業所ご担当者様への情報共有
定期報告あり